栄養士調理師求人ナビ|学校給食、病院、介護、保育園の求人

栄養士や管理栄養士が新卒採用を目指す時にチェックしたいこと

栄養士や管理栄養士の新卒での就職は多い?

栄養士や管理栄養士を取得している、または現在大学に通っていて取得予定の場合、新卒採用をしている企業があるのか不安になるでしょう。
一般的に栄養士や管理栄養士の新卒での採用は、少ないと思った方がいいです。なぜかというと、病院でも施設でも雇用する栄養士の数には限りがあります。一般企業の一般職と違い、大量採用することが少なく、欠員が出たらその都度募集する形を取っているところが多いのです。
新卒で新年度からの就職を考えているならば、とても狭き門だと思った方がいいでしょう。しかし全くないというわけではありません。
特に民間の一般企業の場合は、新卒採用も多い傾向があります。例えば給食の委託会社や外食メーカーの場合、新卒の募集をしているところも多いです。
栄養士や管理栄養士の職場は、栄養士として献立を考えたり栄養指導をする以外にも、事務寄りの仕事や研究職など幅があります。仕事の内容にこだわりがなければ新卒採用も多いので、探してみるといいでしょう。

新卒の給与はどのくらいになるの?

栄養士や管理栄養士が新卒で就職した場合の給与ですが、初任給でだいたい18~20万円くらいと言われています。専門的な知識や技術が求められる分、病院へ就職した人の方が1~2万円程度高いです。
民間企業の場合は、独自の評価制度を設けていたり資格手当の金額にも差があるので、その会社によって違うと思ってください。
長く勤務をしているとその分昇給が望める職場が多いですが、栄養士や管理栄養士はそれほど給与が上がらないというのが特徴です。平均年収に関しては30代から40代で300万円台、50代でも400万円台に届く人が少なくなっています。そして栄養士よりも国家資格である管理栄養士の方が給与が高いところが多いです。
もし出世や昇給を望むならば、民間企業ではなく公務員での採用を目指すといいでしょう。公務員は一般的に勤続年数が長くなると給与が上がったり、出世して階級が上がりやすいです。

給食業界や外食メーカーなどいろいろな職場を検討しよう

栄養士や管理栄養士の職場は学校や病院などの給食業界だけではなく、外食メーカーの研究職や公務員採用の求人も多いです。
希望の職種は誰にでもあるでしょうが、新卒で就職を考えているならば視野を広げて、いろいろなジャンルの求人を見てみましょう。特に民間企業の場合は、給与やボーナスの金額も待遇も会社によって違います。自分の希望の職種ではなくても、そこで働いた経験が今後転職を考えたときに有利になるかもしれません。
いろいろな職場を検討して、内定をもらえるように励んでください。

公開日:2019/12/03

ライター:栄養士・調理師求人ナビ編集部

栄養士・調理師求人ナビです。管理栄養士・栄養士・調理師の優良求人を厳選紹介します。社員食堂・介護施設、病院・保育園など給食調理の幅広い求人情報を掲載しています。https://insyoku-kyujin.net/

転職ガイド一覧 に戻る

運営元に関して
株式会社キャリアナビ
株式会社キャリアナビ
〒532-0011
大阪府大阪市淀川区西中島4-2-6