栄養士調理師求人ナビ|学校給食、病院、介護、保育園の求人

病院給食を作る「病院調理師」の仕事内容とは?需要は高いの?

病院やクリニックでの給食作りの仕事内容

病院やクリニックで給食を作る人を「病院調理師」と言います。病院調理師の仕事内容はその名の通り、病院やクリニックに入院している方向けの食事作りです。
入院患者数十人分から病院の規模によっては何百人分もの食事を作るのが仕事ですが、ただ大量の食事を作ればいいというわけではありません。入院している患者さんは、1人1人症状も治療方針も変わります。その人の症状と治療方針に合わせて食事を作る、というのが病院調理師の役目です。
カロリー制限をしている人もいれば、塩分や糖分を制限している人もいます。また嚥下障害があったり高齢で咀嚼が難しい人向けには、食べ物の硬さまで1人ずつ変える必要があるのです。術後の患者さんには、何日もおかゆのみを出すこともあります。
患者さんによっては、食事の内容を間違うだけでも命に係わることもあります。病院で給食を作るということは、命を預かる仕事でもあるのです。

雇用形態は病院直属や委託会社などいろいろある

雇用形態に関しては、病院やクリニックに直接雇用される以外にも、委託会社に雇用されて病院に派遣されるケースもあります。また、国や都道府県が運営している公立の病院の場合は、公務員として雇用されることになるのです。
いろいろな雇用形態があるので、給与や勤務形態だけでなく、福利厚生などもよく調べてから求人応募をするといいでしょう。

NSTに順応できる人が求められている

病院調理師として働くには、経験や資格は問わない求人もたくさんあります。しかし食に関する仕事ですから、栄養士や調理師の資格があるとなお優遇されることが多いです。
特に有資格者の場合は「NST」に順応できる人が求められます。NSTとは「栄養サポートチーム」のことで、入院中に患者さんの栄養管理を最適に行うために栄養士だけでなく、医師や看護師など様々な職種の人から作る医療チームです。
食事内容や栄養面は、ただバランスよく食べれば全ての人が健康になるわけではありません。その人それぞれの病気の症状や回復後の状態は違いますし、再発の予防が目的なのか、現在の状態を継続していくのかも違います。1人1人の症状や健康状態に合わせて、医師や看護師、言語聴覚士など様々な分野のプロが協力しあって栄養を管理していく必要があるのです。
そのためNSTに順応できる知識や能力がある人は、とても需要が高くなります。専門的な知識や経験が必要となりますが、それだけやりがいもある仕事となるので、未経験でも勉強しながらNSTの分野に挑戦してみるのもいいでしょう。

公開日:2019/11/30

ライター:栄養士・調理師求人ナビ編集部

栄養士・調理師求人ナビです。管理栄養士・栄養士・調理師の優良求人を厳選紹介します。社員食堂・介護施設、病院・保育園など給食調理の幅広い求人情報を掲載しています。https://insyoku-kyujin.net/

転職ガイド一覧 に戻る

運営元に関して
株式会社キャリアナビ
株式会社キャリアナビ
〒532-0011
大阪府大阪市淀川区西中島4-2-6