栄養士調理師求人ナビ|学校給食、病院、介護、保育園の求人

管理栄養士の給与はどれくらいが普通なの?職場によって変わりはある?

管理栄養士の平均年収は?

管理栄養士は国家資格です。年に1回しかない試験に合格しないと資格を得ることはできません。
入院している患者向けの栄養指導や栄養管理などを行うために、病院での仕事が多く見られます。他にも高齢者施設に入居している方向けに毎日の食事の献立作りや栄養管理も、今の日本は高齢化社会のため需要が高まってきているのです。また保育園や学校給食も管理栄養士が求められています。
たくさんの需要がある管理栄養士ですが、平均年収は約305万円と日本の平均年収と比べると低いことがわかります。あくまでも平均値のため、年齢や地域で差がでると思ってください。
詳しく書くと、30代で330万円くらいもらっている人が多いです。一番給与が高いのは関東地方となっています。ちなみに青森県が一番低く231万円が平均年収です。
どの仕事でも地域差と年齢差で平均年収は変わりますが、管理栄養士も同じように変わると思ってください。

職場によって給与に差がでやすい仕事

管理栄養士は職場によって給与に差が出やすい仕事です。例えば正規雇用で見ると、福祉施設では平均年収は310万円程度ですが食品メーカーの品質管理になると350万円と少し高くなります。しかし同じ食品メーカーでも、メニュー開発や製品管理になると310万円と少し低くなってしまうのです。
他にも外食メーカーの調理系の仕事では280万円程度になりますが、店長など役職がついた場合は平均年収は300~500万円と差が出やすくなります。
公務員として雇用された場合は、と平均年収は485万円とぐっと上がるのです。民間企業でも製薬会社など研究職になると100万円程度高くなる傾向があるので、職場と仕事内容によって大きく年収が変わるのが管理栄養士と言えます。

年収やスキルアップを狙うなら正規雇用を目指そう

管理栄養士も企業によっては、正規雇用だけではなく派遣社員やパートアルバイトなどの非正規雇用も募集しています。正規雇用の方が福利厚生もしっかりしていますしボーナスもあるので、年収を重視するならば正規雇用を目指しましょう。
さらに正規雇用で経験を積んだ方が、転職もしやすくなります。管理栄養士は資格だけではなく、経験も優遇される求人が多いものです。正規雇用でキャリアを積むことは、転職にも有利ですし転職後の給与に関しても考慮してもらえるでしょう。
年収もスキルアップもどちらも狙うなら、できるだけ正規雇用を目指した方がいいというわけです。

公開日:2019/12/01

ライター:栄養士・調理師求人ナビ編集部

栄養士・調理師求人ナビです。管理栄養士・栄養士・調理師の優良求人を厳選紹介します。社員食堂・介護施設、病院・保育園など給食調理の幅広い求人情報を掲載しています。https://insyoku-kyujin.net/

転職ガイド一覧 に戻る

運営元に関して
株式会社キャリアナビ
株式会社キャリアナビ
〒532-0011
大阪府大阪市淀川区西中島4-2-6