栄養士調理師求人ナビ|学校給食、病院、介護、保育園の求人

調理師が飲食店から給食へ転職は有利になる?

飲食店から給食へ転職は難しい?

今飲食店で調理師として働いていて、転職を考えている人もいるでしょう。同じ調理関係の仕事である給食業界への転職を考えたとき、気になるのが飲食店から給食へ転職は難しいのか、それとも有利になるのかという点です。
給食業界は調理師免許さえ取得していれば、経験は問わないところが多く見られます。しかし飲食店で調理師の経験があるという点は、プラスに見てくれるでしょう。中には10年以上ブランクがあっても、調理師資格があれば給食未経験でも採用してくれるところもあります。
なぜ資格が必須かというと、給食業界では正社員が主に調理を行い、パートやアルバイトは盛り付けや食器を並べるなどの調理補助を行うところが多いからです。栄養士や調理師資格保持者を正社員にして、野菜や肉を切るのは任せている職場がほとんどだと思ってください。
もし飲食店で働いていた経験があっても、調理師資格がなければ給食業界へ正社員で転職するのは難しいでしょう。パートやアルバイト、派遣社員としてならば募集しているところはあると思ってください。

給食業界の調理師の仕事内容

給食業界で調理師の仕事内容は、主に調理をすることです。しかしそれだけではなく、衛生面の管理や配膳、給食室の清掃や備品の管理など、給食作りに関わる多くの仕事を行います。
職場によって仕事内容も大きく変わると思ってください。例えばパートさんたちのシフト管理や、給食を配達するサービスを提供している職場の場合は配達作業もやることもあります。
病院や福祉施設の場合は、患者や入居者の症状に合わせて刻み食や流動食を提供することもあるでしょう。専門的な知識と技術が必要になりますし、医師や看護師、栄養士など他の職種の人とかかわることも多くなります。
同じ調理師の仕事と言っても、給食業界では仕事内容が大きく変わりますし、雇用先の方針や提供するサービスによっても変わると思ってください。

残業が少ない分給与が下がる可能性がある

給食業界は毎日決められた数の食事を作るのが仕事です。飲食店と違いいきない大量注文がきて残業になるということがないため、ほぼ残業がない仕事となります。
残業がないメリットとしては、定時で帰宅ができるので私生活を充実させやすいです。特に学校や保育園の給食の場合は、土日祝日や長期休暇が休めるのがメリットとなります。
しかし残業が少ないということは、残業代もありません。飲食店で働いていたときは残業があったけれど、残業代は出ていたという方が多いでしょう。残業代が出なくなる分、今よりも給与が少なくなるかもしれないと思ってください。

公開日:2019/12/04

ライター:栄養士・調理師求人ナビ編集部

栄養士・調理師求人ナビです。管理栄養士・栄養士・調理師の優良求人を厳選紹介します。社員食堂・介護施設、病院・保育園など給食調理の幅広い求人情報を掲載しています。https://insyoku-kyujin.net/

転職ガイド一覧 に戻る

運営元に関して
株式会社キャリアナビ
株式会社キャリアナビ
〒532-0011
大阪府大阪市淀川区西中島4-2-6