栄養士調理師求人ナビ|学校給食、病院、介護、保育園の求人

調理師の給与が低いのは見習い時代が関係している?

調理師の給与は低い傾向がある

病院や施設の給食調理師から一流ホテルの調理師まで、様々なジャンルで需要のあるのが調理師です。しかしどこで働くにしろ、実務経験がないと初任給は14万円スタートが一般的となります。
年収に関しては最初の1年は180~220万円程度、調理師全体の平均年収に関しては330万円程度です。日本国民の平均年収と比較すると、低いことがわかります。
なぜ調理師の給与は低いのかというと、調理師には「下積み」という時代があるからです。資格だけ持っていても現場で使い物になるまでは、修行の身となり給与も低い傾向があります。見習い時代になると、月12万円程度が平均給与となるのです。
また正社員だけではなく、派遣社員パートやアルバイトの求人も多く見られます。非正規の場合は時給1000円程度が相場となっているので、非正規雇用の人の給与と合わせて計算するため平均年収は低めと出てしまうのです。

職場によっては年収1000万円越えもある

調理師の給与は一般的には低めとなっています。しかし職場によっては、1000万円越えを狙えるということもあるのです。
一般的な調理師の職場と言えば、病院や施設、保育園などの給食調理師の求人が多く見られます。しかし他にも調理師免許取得者の求人はあるのです。
例えば一流ホテルのシェフや、三ツ星認定の高級料亭の板前など、自分がこなす仕事の質や量によって高給取りになれる可能性もあります。
ただし調理師の場合は、年功序列で給与が決まるわけではありませんし、昇給が約束されている職場は多くないのです。そのため、長く勤めれば給与が上がるとか階級が上がるという保証がないのは頭に入れておきましょう。
また調理をするだけが調理師の仕事ではありません。中には独立開業をして経営者となる人もいます。開業したお店の人気が出れば給与アップも狙えるというわけです。

下積み時代を乗り切れば給与アップが狙える

調理師は資格があるだけでは仕事になりません。仕事をしながら知識はもちろん、技術の腕を上げて一人前を目指す必要があります。
そのため給与アップを狙うならば、まずは下積み時代を乗り切って土台をしっかりと作るといいでしょう。一流ホテルなど高額年収を狙えるような職場は、未経験者は雇用しない傾向が高いです。
まずは修行だと思って、給与が低くても下積みをしっかりと乗り切って経験を積むといいでしょう。その経験が必ず力になってくれます。より高額年収を狙いたいと思ったら、まずは下積みをしっかりとして知識と技術を身に着け、その経験をもって新しい職場に移るという方法が一番です。

公開日:2019/12/02

ライター:栄養士・調理師求人ナビ編集部

栄養士・調理師求人ナビです。管理栄養士・栄養士・調理師の優良求人を厳選紹介します。社員食堂・介護施設、病院・保育園など給食調理の幅広い求人情報を掲載しています。https://insyoku-kyujin.net/

転職ガイド一覧 に戻る

運営元に関して
株式会社キャリアナビ
株式会社キャリアナビ
〒532-0011
大阪府大阪市淀川区西中島4-2-6